馬プラセンタの知識

馬プラセンタとは

馬プラセンタとは、馬のプラセンタ、つまり馬の胎盤の事です。今までは、豚プラセンタの利用が比較的多かった傾向にありましたが、近年、馬プラセンタが注目を集めるようになっています。

注目を集める理由は、栄養成分や安全性にありますが、栄養成分においては、アミノ酸を多く含んでいる事がよく挙げられます。また、馬の性質や、成長の環境などから、安全性ついてもよく言われる事があります。

プラセンタは、しばしばアレルギーや病原菌などの問題について言われる事がありますが、馬は比較的アレルギーの原因になりにくく、他の動物よりも、比較的体温が高い為、寄生虫などがつきにくいとも言われています。また、牛などのように、反芻という、食べ物を食べ胃で消化し、また口に戻して噛むという食事の過程を送らない為、内蔵がきれいと言われる事もあります。

馬のプラセンタが注目されている理由には、胎盤の質に関する事も挙げられます。例えば、他の動物の中には、一度にたくさんの子供を産み、出産の回数においても、一年に数回出産する動物がいますが、馬の場合は、一年に一回しか出産せず、一度に一頭の子供しか生まない事が多いのです。この為、胎盤の厚さが、複数の子供を産む場合よりも厚く、栄養成分も濃いと言われ、質が良いと言われる理由になっています。

馬プラセンタは、貴重な品でもあります。馬と言っても、プラセンタに利用できるのは、子供を妊娠できる母馬による為、数も限られるでしょう。また、動物の性質でもありますが、母馬は出産後、胎盤を食べる性質があるので、採取が難しく、一つの胎盤から得られるエキスなども決して多いとは言えません。また、馬の種類を厳選している場合もあるので、馬プラセンタは、比較的価格が高い事もあるでしょう。