馬プラセンタの知識

馬の種類

馬プラセンタに利用する馬には、種類もありますが、サラブレッドの利用がとても多く見られます。製品の説明においても、サラブレッドという言葉を目にする事が多くあるのではないでしょうか。サラブレッドの産地についても詳しく書かれている場合もありますね。

サラブレッドは、競馬の世界でも有名な馬ですが、はるか昔から、品種改良されてきた馬でもあります。競争としての目的が主であり、より速く強い馬が生まれるように、試行錯誤が繰り返されていたのではないでしょうか。

また、サラブレッドになる為には、血統の登録が必要になりますので、サラブレッドの馬はそれぞれ血統書という物を持っています。人間における資格や戸籍にも似ていますね。サラブレッドになる為には、審査を受け登録される事が必要になるので、同じ遺伝子の馬でも血統書がない事にはサラブレッドにはなれないのです。

血統の登録と言う事から、サラブレッドの認定には、血すじが大きく関係していますが、今いるサラブレッドの血すじをたどってみると、三頭の馬にたどりつきます。このような事から、サラブレッドの語源には、完璧や純血といった意味合いがあるとされています。サラブレッドのプラセンタが貴重な理由も見えてくるのではないでしょうか。

また、キルギス地方で育った馬のプラセンタというのも見られ、サラブレッドとしての認定のされていない馬で、自然の中で育った馬を利用している場合もあるでしょう。管理飼育されずに、自然の力で育った所がメリットとして挙げられています。