プラセンタと医療

プラセンタと保険

プラセンタは、美容や健康、共に様々な効果を持つ事で知られていますが、医療の分野でもその効果は注目され、治療に利用されています。治療としてはヒトのプラセンタを利用したのプラセンタ注射がよく見られますが、ヒトのプラセンタ以外の豚のプラセンタなどを利用した治療方法もあるでしょう。

病気に関してはもちろんの事、美容の悩みなどでも、病院やクリニックを訪れる事があると思いますが、一般的に、美容目的の治療は保険が効かない事が多く、病気の場合は保険が適用になる場合が多いでしょう。

治療を行う場合の、健康保険の適応になるかどうかというのは、費用の面では大きな違いにもなりますので、治療の前に検討する事もあるかと思います。例えば、プラセンタ注射の費用も比較的高額ですので、悩む事もあるのではないでしょうか。

プラセンタ治療を行う上で、認識しておきたい事の一つに、この健康保険の適応についての問題があります。プラセンタの治療では、しみやしわ、アンチエイジングなどの美容目的以外の、冷え症や肩こり、腰痛、などの一般的な体の不調、又は、アレルギー性疾患や鬱病などのその他の病気に関しても、ほとんどが保険の適応にならない事が多いのです。

今のところ、保険が適応となるのは、プラセンタ注射の治療目的の対象でもある、慢性肝疾患と言われる長引く肝臓の病気や、乳汁分泌不全という母乳があまり出ない状態、更年期障害という更年期に起こる症状、などの主に3つに限られているようです。プラセンタを利用した治療を始める時は、保険が適応になる場合とならない場合について、確認しておくと、検討する時にも役立つでしょう。