プラセンタと医療

治療目的としてのプラセンタ

プラセンタは、昔から治療に利用されていた事が歴史を見る上でも知られています。現在、プラセンタ治療を行っている病院は、数が限られる事もありますが、今も様々な効果がわかり、治療に役立っているようです。

人々を悩ます様々な疾患がある中、プラセンタの効果があるとされる疾患は、たくさんあり、様々な分野での効果が期待できると言われています。治療には、プラセンタ注射の利用がよく見られますが、これはヒトのプラセンタを利用した物です。

また、治療方法によっては、豚のプラセンタなどを利用したプラセンタ内服薬や、プラセンタ軟膏などを取り入れている所もあり、注射以外の、薬を飲んだり、薬を塗ったり、という方法もあるようです。

プラセンタの治療が行われる疾患は、幅広くありますが、慢性肝疾患や、更年期障害、乳汁分泌不全などは健康保険が適応になる場合もある為、よく知られている事もあるでしょう。プラセンタの肝臓の病気への効果はよく取り上げられる事もあります。

また、アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患や、にきびなどの皮膚の症状、疲労や肩こり、腰痛、冷え症、といった症状など、様々な範囲で効果が期待できる為、主にどの科で利用されると限定される訳ではありません。

意外に感じる事もあるかと思いますが、プラセンタは鬱病への効果でも注目されているのです。鬱病の他にも、不眠症や自律神経失調症などにも効果があると言われていますので、神経科の分野での活躍も期待できるでしょう。これからの研究によって、プラセンタの治療も進化し続けて行くかもしれませんね。