プラセンタと医療

プラセンタ注射

近年、プラセンタ注射の効果は注目を集めるようになり、様々な病院や美容クリニックでの利用を見る事も多くなりました。プラセンタの効果が多岐にわたるように、病気の治療から、さらに美しさを目指す為の美容など、様々な目的でプラセンタ注射も使われています。

現在利用されている、プラセンタ注射には、2種類あり、メルスモンとラエンネックという名前が知られています。メルスモンは更年期障害や乳汁分泌不全への治療、ラエンネックは慢性肝疾患への治療として役立ち、美容目的でも使われています。それぞれ別の会社で作られていますが、このように種類が少ないのは、プラセンタ注射にヒトのプラセンタを利用していて、ヒトのプラセンタの利用には厳重な規制がある事も関係しています。

プラセンタ注射は、様々な病気や、肌トラブルやアンチエイジング、疲労回復といったいろいろな症状に利用されています。注射の方法も皮下注射や筋肉注射があったり、注射をする場所も顔やツボなど種類があるようで、それぞれの病院やクリニックによって違うでしょう。

費用についても、保険適応かどうか以外に、それぞれ差が見られます。プラセンタ注射も続けて治療していく場合が多いので、継続していくにあたっては、費用についての検討も必要になるのではないでしょうか。

プラセンタ注射によっても副作用などが起きる場合があり、体に合う、合わない、という場合もあるので、使用にあたっては、医者と相談したり、よく説明を聞いてから行うと良いでしょう。

また、プラセンタ注射を行った人は、厚生労働省により献血に制限がかかるので、プラセンタ注射の使用後の事についても、忘れずに気に留めておく事があります。献血ができない理由としては、まだ未知の領域がある、変異型クロイツフェルト・ヤコブ病の予防措置が挙げられています。