様々なプラセンタ

プラセンタ利用の歴史

プラセンタの利用されてきた歴史を見てみると、はるか昔の紀元前にまでさかのぼる事ができると言われています。ヒポクラテスやクレオパトラなどの有名な名前が書かれているのを見る事もあるでしょう。ヒポクラテスは古代ギリシャの有名な医者ですが、プラセンタを医療に利用していたと言われています。

クレオパトラは、多くの人に知れ渡っている古代エジプトの美女ですが、その美容の為、または若さを保つ為に、プラセンタを利用していたと言われています。大昔でも、女性は美しさやアンチエイジングに努力をしていたのですね

。もちろん、今生きている人の中で、実際に利用しているのを見たという人はいないでしょう。ですが、多くの動物が出産後に胎盤を利用するように、大昔から利用されていたと言うのも自然な事かもしれません。

現在のプラセンタに至る研究はロシアが始まりと言われています。そして、研究は様々な国にも広まり、日本でも研究を進めてきました。中国でも古くからの利用が見られ、漢方薬では、紫荷車という名前で知られています。紫荷車は、胎盤を乾燥させて作った物で、動物生薬の種類に入ります。

このように、はるか昔からの利用と研究によって、今のプラセンタサプリメントなどの健康食品や、治療に役立つ医薬品、美容としての化粧品、などのプラセンタの様々な利用につながったのでしょう。豊富な力を持つプラセンタは、今後の研究によって、また新しい利用法につながる事もあるかもしれませんね。