プラセンタの利用

抽出方法による違い

プラセンタは、馬や豚などの動物の胎盤や、植物の胎座、魚の卵巣膜などから、エキスを抽出しています。プラセンタ製品のメーカーによって、抽出方法も様々で、独自の抽出方法を行っている場合もあるので、詳しく分類する事は難しいこともあるでしょう。

抽出方法の例として挙げられている方法には、酵素分解法、凍結酵素抽出法、凍結融解法、加水分解法、分子分画法、培養細胞法、などがあります。ですが、同じ方法でも、メーカーそれぞれにおいて研究がなされている事などから違いが見られるでしょう。

抽出方法の系統として考えると良いかもしれません。また、それぞれの抽出方法によって、抽出成分の度合いや、かかるコストにも違いがあります。抽出方法のコストが、製品の価格に影響する事もあるでしょう。

高純度の抽出ができるとして言われている方法には、酵素分解法や凍結酵素抽出法、分子分画法、培養細胞法、などが挙げられ、分子分画法はプラセンタ注射剤のメーカーで利用されていたり、培養細胞法は特許技術としてメーカーで利用されていたりもします。ですが、このような抽出方法はコストは高くなる場合もあるでしょう。

科学の進歩により、酵素や酸を利用したり、凍結や分子の構造を利用した方法など、技術を活かしたいろいろな抽出方法がありますが、それぞれの抽出方法において、メリットやデメリットもあります。これからの科学の進歩によって、より高純度、より低コストで抽出できる方法が発明される事もあるでしょう。