プラセンタの由来

豚のプラセンタ

豚のプラセンタは、豚の胎盤を利用したプラセンタです。最近では、馬のプラセンタが豚のプラセンタと比較される事もよく見られますが、今まで豚のプラセンタは、健康食品や化粧品など、プラセンタ製品の多くに使われてきていますので、プラセンタの由来の中ではメジャーな事もあるでしょう。

牛やヒトのプラセンタが感染症などの危険性について言われるようになり、変わりのプラセンタとして豚のプラセンタがよく利用されるようになりましたが、人との相性が良い事や、豚は一年に数回出産をしますので、比較的多く採取できる事が良い点として言われています。

豚のプラセンタ製品は、サプリメントやドリンク、化粧品など、様々な物がありますが、製品を選ぶ時には、どのように育った豚なのかという情報も気になることでしょう。よく利用される豚には、SPF豚やデンマーク産豚などが見られます。

豚は成長過程で感染症にかかりやすい事があり、病気の予防としてワクチンや抗生物質などの薬を使わなくてはいけない事もあるのですが、SPF豚は、豚が病気にかかりにくい環境で育てる為、薬をあまり使わずに育てる事ができるので良いと言われています。

ですが、その分SPF豚は貴重な豚でもあるでしょう。また、デンマーク産の豚が注目される理由は、同じようにデンマークでの育ち方にあり、デンマークでは徹底した管理の元に育てている為、良いと言われています。このようなSPF豚やデンマーク産の豚は、栄養成分などの違いについてもメリットとして挙げられる事があります。豚プラセンタ製品の豚の違いについて見てみるのも面白いかもしれませんね。