プラセンタの由来

牛のプラセンタ

牛のプラセンタは、牛の胎盤を利用したプラセンタの事で、以前は化粧品などに牛のプラセンタもよく使われていました。ですが、今では牛のプラセンタは厚生労働省によって禁止されるようになったので、見る事もなくなったでしょう。

牛のプラセンタの使用ができなくなった原因は、狂牛病としてよく知られる、牛海綿状脳症という牛のかかる病気にあります。狂牛病はイギリスで最初に発見されましたが、日本で発見されたのは2001年の事ですので、BSE問題は記憶に新しい事もあるでしょう。

狂牛病と人との関連性は、変異型クロイツフェルト・ヤコブ病という病気が挙げられます。クロイツフェルト・ヤコブ病は、医薬品などの原因で医療の治療の過程で感染した例から知れ渡った面もありますが、原因や感染経路などにおいて種類に分けられます。

発症の原因がわからない場合や、遺伝子による場合などもありますが、変異型というのは、狂牛病にかかった牛などを食べる事が原因と言われている場合です。このクロイツフェルト・ヤコブ病はまだよく知られていない部分もあるので、危険性についても完全に把握できない場合もあり、様々な予防措置などが考えられています。牛のプラセンタの利用禁止も変異型クロイツフェルト・ヤコブ病の予防措置の一つでもあるでしょう。

牛のプラセンタが利用できなくなると、変わりのプラセンタとして、豚のプラセンタが使われるようになりました。こうした事から、豚のプラセンタがメジャーになり、今日に至るのでしょう。