プラセンタの由来

羊のプラセンタ

羊のプラセンタは、羊の胎盤を利用したプラセンタです。羊のプラセンタは、肌のトラブルに良い効果をもたらすとしてよく注目される事もあり、人との相性も良く、免疫反応を起こしにくいとも言われています。ですが、羊のプラセンタの製品はそれほど多く見られない事もあるので、貴重な部分もあるでしょう。サプリメントなどの羊プラセンタ製品も、輸入品が多い事でしょう。

というのも、日本では羊のプラセンタの利用が禁止されています。その理由は、牛と同じように羊のスクレイピーという病気にあります。スクレイピーは、伝達性海綿状脳症と呼ばれる病気の一つで、牛の狂牛病や、人のクロイツフェルト・ヤコブ病にあたります。

羊に限らず、このような病気の危険性のある動物の利用には厚生労働省で様々な規制がありますので、羊のプラセンタ製品の輸入においても簡単な事ではないでしょう。輸入品の原産国としては、スクレイピーの発症が見られない、オーストラリアやニュージーランドの原産の物がよく見られ、自然の中でのびのびと育った羊が良いとも言われています。

ですが、禁止の規制は全国共通ではないので、海外によって違いも見られるでしょう。しばしば問題になっている、狂牛病やクロイツフェルト・ヤコブ病に関しても、まだまだ未知の部分がありますので、危険性に対する予防措置も十分に注意されています。羊のプラセンタを自分で購入する時には、ある程度の知識を備えていた方が良い場合もあるでしょう。羊のプラセンタのメリットと、注意するべき点について、理解した上で安全に利用しましょう。