プラセンタの由来

ヒトのプラセンタ

ヒトのプラセンタは、人間の胎盤を利用したプラセンタの事ですが、現在は、豚のプラセンタや馬のプラセンタのように、一般的にサプリメントなどの健康食品や化粧品などとして出回る事はありません。

現在、ヒトのプラセンタは、厳重な管理の元に製品化され、特定生物由来製品という指定を受けるようになっています。特定生物由来製品というのは、薬事法に定められている事ですが、人や動物から作られた製品の生物由来製品の中で、特に被害などの予防措置などが必要な物の事を言います。

ヒトのプラセンタは、感染のおそれのあるウイルスの検査や加熱処理などを行っているのですが、まだ危険性を完全に把握できていない病気などもある為、厚生労働省の指定など、このような厳重な管理が必要になっているのでしょう。

その為、ヒトのプラセンタの製品は少なく、主に医薬品の注射薬として2種類の製品が知られています。注射薬の他に、錠剤などもあるようです。病院などで取り扱っている所も見られますが、扱っている所は比較的限られている事もあるでしょう。

ヒトのプラセンタも、肌トラブルの改善や肝臓疾患、更年期障害など、美容や病気の治療として利用されますが、保険が効かない場合もあり、比較的高額にもなるでしょう。また、ヒトのプラセンタは、製品としての製造に関わる規定だけでなく、製品を利用した後に、献血をする事ができないなどの、使用後に関する規定もありますので、ヒトのプラセンタを利用する時には、きちんと説明を受け、理解した上で治療に取り組むと良いでしょう。